神楽団紹介


伊賀和志天満宮

伊賀和志神楽は、石見神楽のうち邑智33神楽の阿須那派に属しています。

起源は定かではありませんが、遠く源平の時代、平家の落武者達が在りし日の都の生活を偲びつつ舞い、唄い伝え伝えて何時のころよりか、邑智33神楽のひとつとなって舞い伝えられてきたと云われています。 

演目「鈴合せ」は、昭和35年3月15日に広島県無形文化財の指定を受けました。

本拠地は、三次市作木町伊賀和志地区です。

伊賀和志の「さくぎ郷土芸能伝承館」で、毎週金曜日に練習しています。

団員数は、15歳から70才までの25名です。

目標は、邑智33神楽をひとつでもたくさん、後世に伝えていくことです。

HOME

inserted by FC2 system